ҋZ̖

友人の為にキャッシングを利用した

困っている人がいるときには自分の利益を差し置いて、
助けてあげる事が人生においてはとても重要であり、
人助けはめぐりめぐっていずれは自分に帰ってくることになると
小さい頃から祖母に教えられていました。

仲が良い大学の同級生が以前に不注意で交通事故を起こしてしまい、
交通事故相手に結構高額な慰謝料を支払わなければならなくなってしまいました。
その友人も消費者金融のキャッシングを利用して限度額いっぱいまで
慰謝料や弁護士費用など必要なお金を借りていましたが、
まだ全然必要なお金が足りませんでした。

そこで友達の代わりに自分が消費者金融のキャッシングを利用してお金を借りて、
友人にお金を貸してあげることにしました。

使途が限定されなキャッシング

キャッシングは使途に制限無く利用できる利点があるので、
友人へ工面するためのお金も問題なく借りることが出来ました。
友人は当面自分への借金は返せそうに無かったのですが、
友人のよしみとして無利息でお金を貸しました。

自分はキャッシングで借りたお金は結構大き目の金額だったので
分割リボ払いで返済を行うことにしました。
キャッシングの返済方法には自分で振込みを行う方法もありましたが、
自動引き落としも行うことが出来、返済忘れを防ぐ利点があると考えて自動引き落としを選択しました。

返済額の設定を無理のない程度に

キャッシングの返済額については利息の割合は大きいですが、
毎月気にならない程度の返済額を設定したので、あまり普段は気にならなくなりました。

交通事故を起こしてしまった直後はすごく落ち込んでいた友人ですが、
今ではすっかり元気を取り戻して昔のように楽しく遊ぶことが出来ています。

その友人の借金も減っていき、昔のように仲良く遊べているので、
キャッシングを利用して友人に渡すお金をかりれれてとても良かったと感じています。
キャッシングの利息の範囲は自分が負担することになりましたが、
人助けはいずれめぐりめぐって帰ってくるということを信じているので、
嫌な気持ちにはなりませんでした。