ҋZ̖

消費者金融の利用者の中で失敗する人の特徴

うまく消費者金融から借りる人、要領が悪いけど
なんとか返す人、失敗する人。消費者金融利用者には
さまざまなドラマがありますね。

ネット上ではうまくいった人の声

そうでない人の声様々ありますがうまく行かなかった人には
具体的にどういった特徴があるのかを考えてみます。
似たことをローン&キャッシング道場さんも書かれているので
すが借金を若干推奨?している節があるのでちょっと見解は ことなります。

考え方が違う

うまくいく人は借金であるという認識をきちんと持っている
のは間違いがないと思います。口コミとかネットの掲示板をみると
口をそろえて失敗した人は「バカだった」と言っている人が多いです。
「バカ」と言っている人はその時点で気が付いているのでバカではない
と思いますが借入の時点では消費者金融から何も考えていない人が
多いようです。

一方、うまくいく人は必要なだけを借りている気がします。
3万円の買い物をするのに10万円は借りない人が多い気がします。
3万円ぴったり借り、なおかつ、必ず返さなければいけないという
恐怖を常に感じているという印象があります。

ここだけ見ると面白いと思うのですが借りる時点で考え方が
違うということが見て取れます。

最近では以前にも増して、消費者金融での借り入れが手軽にできるようになっています。
無人契約機はもちろん、パソコン、スマホからでも申し込みが可能となり、
いつでもどこでも借り入れができるようになった、といっても過言ではありません。

そういった意味で、これから初めて利用するという方は、
本当に必要なお金なのか?いくら借り入れるか?
返済方法に無理はないか?等々よくよく考えてから利用することを
心がけておくことが重要です。

また、一般的に返す計画を立てるという言葉がありますが
そもそも返そうという発想ではなく、借金生活になるのが
怖いから返すという形の制約ににた感覚をもっているのではないかと思います。

しかし、失敗する人はそのようなことを考えていません。

ギャンブルにはまっている人などは多いと思います

その場の快楽を求め、後先を考えない。つまりいい方を変えると
恐怖を感じない人たち。いや少しは感じるのでしょうがその場の
感情でいいか悪いかを判断してしまうのではないでしょうか。
そこで、将来の不安を少しでも感じることができたならば少なからず
借入の金額を抑えることなどができるのではないでしょうか。

例えば今この文章を読んでいて思い当たる節がある場合は
是非一度立ち止まって考えてください。
消費者金融から借入するときその場の感情に任せていた場合は
要注意だと思います。

まとめ

基本的には、返すことができその場の感情でも人生が楽しいとか
迷惑を書けないのであれば良いと思いますが、お金、消費者金融から
借りて返せなくなるということを想像できていない時点でやはり駄目だと
思います。冒頭のうまくいく人はそういった想像ができるので確率的に
無理に借入しても返せる確率はあるかもしれませんが、結果的に
返せなくなる確率が減っているのではないかと考えています。
持論ではあるのですがたぶんあっていると思いますので
2度目になりますが思い当たる節のある方は一度ご検討ください。