ҋZ̖

50万円キャッシングは年収により注意が必要

50万円キャッシングができる消費者金融はいくつかありますが、
貸金業者から借りる場合は総量規制に注意が必要です。

賃金業者の場合は年収の3分の1までの借入に制限される

総量規制では貸金業者を対象に年収の3分の1までと制限がかけられています。
複数の借入も対象になるので、50万円キャッシングを利用するときに
年収が150万円以下だと総量規制にひっかかる可能性があります。
他に借り入れがあればさらに条件が厳しくなります。
総量規制は個人の方が多重債務にならないように設けられた規制ですが、
状況によってはこのような不便さが生じてしまいます。

50万円キャッシングが必要だけど総量規制で利用できそうもないという時は
銀行のカードローンに申し込むと良いです。
銀行は銀行業のもとにお金を貸し出しているので、総量規制の対象外です。

複数から借り入れがあっても年収の3分の1いっぱいまで借りていても、
50万円キャッシングができます。

滞納すると遅延損害金が発生するので注意が必要

返済能力を超えて借りてしまって、返済を滞納してしまうと
ペナルティーとして遅延損害金を請求されてしまいます。
通常の利息より高い利息が設定されていることが多く、
遅れている間に適用されます。

いきなり遅延損害金を請求されることは少ないですが、
お電話で返済の確認が取れないと連絡が来ます。
待ってくれるように頼むと大丈夫ですが、それでも限界があります。
無理のない計画をきちんと立ててからご利用することが大事です。
ホームページで返済シミュレーションが行えるので計画を立てるときにご利用ください。

基本を理解して50万円以上500万円以下の借入をするならキャッシング以外を検討?

借入れ基準を意識して審査をする人はキャッシングで1万円~50万円以下の場合極めて少ないと思います。
細かい事よりも時間がどの程度かかるのかとか、祝日や休みの今日でも大丈夫なのか?とかまず借入可なの?が最優先かと。
しかし、額が大きくなった場合一般的なキャッシングだと規制があるよと上記でお話しした通り、規制があるというのは
沢山借りると大変だからあえての規制ということは少し考えればわかるでしょう。昔は、昔と言ってもほんの20年前とかは
規制は今よりも厳しくなく、ほしい額を簡単に借りれる時代だったと思います。勿論だからこそ、助かったという人も
少なからずおり、全てが悪いわけではないのですが、目的がはっきりしていない人や事業でピンチなんて人が
無駄に借りて上手くいかなかったなどはあったようです。その逆もしかりですが。(要は借りれればピンチをしのげたのに貸してくれなかったってことはあるでしょう)

そういった背景から総量規制というのが出来ているわけですが、とはいえ、やっぱりお金が必要という人もいるわけですね。

その場合は大口融資と小口融資等見るとわかりやすいですが、きちんと大口顧客用のサービスというのが用意されているのですね。え?でも規制が?と思った方正解です。
規制はどうなるの?って疑問が出て当然かと。実はこれ、銀行法というのがありまして、銀行法は総量規制とはちょっと違う枠組みであると考えればわかりやすいのですが、特徴としては要は50万円以上でも年収の三分の1以上が借りれるという点があったりします。

きちんと、切り分けを持たすことにより本当に必要な人は借入れができるということになりますね。

とはいっても、それなら昔と変わらなくない?と思った方賢いですね。
銀行の審査は普通のキャッシングよりも、審査は厳し目ですから曖昧に借りたいという人は
借りれない確立が高いかと思います。100%そうだとは断言できませんが。