ҋZ̖

消費者金融でブラックリストって本当にある?

消費者金融やクレジットカード、ローンなどの申し込み時の審査などの際、
よくきかれるのが「ブラックリスト」という言葉です。
ブラックリストに載ってるから審査が通らないとか、
ブラックだからローン組めないとか、そんな風な言い回しで使われますが、
この「ブラックリスト」というものは本当に存在するのでしょうか?

結論からいうと、「ブラックリスト」というリストは実際には存在しません。
ただし、これに相当するのが「事故情報」といわれるものです。

クレジットカード、ローン、消費者金融などで融資を受ける際には、
必ず信用情報機関に顧客情報が登録されます。
ここまでは利用者であれば、だれもが登録されるものですから問題ありません。

そして、返済期間中にある一定期間返済が滞ったり、
破産などの状況となった場合は、その情報が登録されます。
これが「事故情報」です。
このような履歴が登録されている場合は、いわゆるブラック扱いということになってしまうのです。

リストではないものの

信用情報機関に登録されている顧客情報、いわゆるデータベースですから、
たとえばこのデータベースの中で、事故情報を検索した場合には、
検索画面に表示されるのは、いわゆるブラックリストということになるかもしれませんね。

信用情報機関の顧客情報の取り扱いの歴史については、あまり明らかにされていませんが、
現在のように、端末上から顧客情報を閲覧・検索できたりするようになる前は、
もしかすると「ブラックリスト」と呼ばれるリストが存在していたのかもしれません。
このあたりの情報は、まだまだ研究してみる余地があるかとも思います。

でも、良く考えてみれば膨大な数の顧客情報は、
日々更新されてゆくわけですから、その都度ブラックリストを作っていたら
(イメージとしてはプリントアウトするみたいな・・・)
まったく効率的ではないですよね。

もう一度おさらいすると、
ブラックリストというリストはないものの、
それに相当するのが事故情報である。
ということになります。