ҋZ̖

消費者金融で返済しなかったらどうなる?

消費者金融でお金を借りるにあたって、
約束通りきちんと返済を行うのは当然です。

最初から返済するつもりがないというのは論外ですから、
何らかの理由で返済ができない場合に、
もしも返済しなかったらどういったことになるのか、
という観点から書いてみようと思います。

まずは、自宅の電話や携帯電話などに督促の電話がかかってくることになります。
最初は言葉遣いなどもある程度丁寧なものかもしれませんが、
もしも返済する気がないと判断されたならば、だんだんと言葉遣いも荒くなってくるかもしれません。

これは、そもそも約束を破っているのはあなたなのですから仕方ありませんね。
さらに督促状などの請求書も自宅に届くはずです。
これらの金額は事前に定められた遅延損害金に従って、金額が増えていることも想像できます。

その次には、職場などにも電話がかかってきます。
職場にそういった電話がかかってくるというのは、
正直かなりのプレッシャーになるのではないかと思います。
そしてそれでも返済する意志がないと判断された場合は、
給料の差し押さえなどの法的措置をとられることになるでしょう。

時効とは?

上記のような状態になれば、なんとかして返済しようと考えるのが普通だとは思いますが、
例えばの話で、逃げてしまった場合はどうなのでしょう?
いわゆる夜逃げなどとも呼ばれる行為ですね。

申し込み時に申告した自宅、職場をすべて変えて、住民票などはそのままにして、
ひっそりと隠れるように暮らすということになるかと思います。
そしてこの状態で5年間にわたり一切の返済を行わないでいれば、
最終的に時効が成立するなどとも言われていますが、いったいどうなのでしょうか?

これは実際には時効にはなりません。
本人が受け取っているかいないかに関わらず、業者側が督促状などで
「お金を返しなさい」という意思表示を行っていればその時点で時効は中断になります。

業者としては返済してもらうために、督促状を出すのが普通ですから、
そういった意味では、時効はありえない話だと思った方がよいようですね。
時効についてはこちらのサイトでも解説しているので、
参考にしてみてください。